メニュー


リハビリ・機能

日常生活での何気ない動作。
いつもの動作がスムーズに出来なくなると、メンタル面においても大きな影響を及ぼします。

リハビリ(リハビリテーション)とは、
「少し前まで出来ていた動作を回復」「現在出来ている動作を維持する」
することで、生活の質向上を目的としています。

「生活の動作」が自分で出来ることは身体的なことだけではなく精神的な充足にもつながり、リハビリを行うことで、心身とも好影響をもたらします。

そして、リハビリのやり方は人それぞれで、その人のあったやり方を考える必要があります。専門家の指導のもと、状況に応じた個別プランをたて、継続することが何より重要です。

国家資格、柔道整復師がリハビリを担当

常勤の理学療法士整形外科で勤務されていた経験豊富な柔道整復師が常勤しており基本的に1回30分の施術を毎週行います。
※医師の指示がある場合等、お体の状態によっては週2回となる場合がございます。すべて個別のプランとなっており、入居者様ご本人、ご家族の希望、ケアマネジャーの意見及び医師の指示などを踏まえてプランを組み立てております。

施術のさいは体だけでなく、心のケアも心がけており、様々なお話をお聞かせいただき会話を楽しんでいただけるよう心がけております。動きにくい部分や痛みの部位へのマッサージを行っております。
入居者様が笑顔になっていただけることが何よりも大切と考えており、無理な施術ではなく、気持ちいい施術をモットーとして取り組んでおります。

平行棒や歩行器を使用した歩行訓練、ベット上や座位での筋力向上もあわせておこなっております。

柔道整復師とは

厚生労働省の許可した専門の養成施設(三年間以上修学)か文部科学省の指定した四年制大学で解剖学、生理学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学などの基礎系科目と柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、外科学、リハビリテーション学などの臨床系専門科目を履修します。 国家試験を受け、合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師となります。

参考:日本柔道整復師会|柔道整復師とは
http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/

メルシー東戸塚のリハビリケア

体操・運動リハビリケア

馴染の入居者様・スタッフなどグループで運動

介護士による集団体操や運動を行います。集団とは全入居者様一律ではなく、同じフロア内の馴染のあるスタッフ・入居者様でグループとなり実施します。どなたでも自由にご参加いただけるように工夫し、身体機能の維持を目指しています。

馴染の入居者様・スタッフなどグループで運動

結果や状況に応じてリハビリプランを改善

柔道整復師が策定したプランを実施するなかで、身体の状態や医師との連携で内容を随時更新いたします。よりよりプランがご提供できるよう、結果や状況に応じて臨機応変に改善をおこないます。

馴染の入居者様・スタッフなどグループで運動

資料請求・お問い合せ資料請求・お問い合せ

ご相談・資料請求・ご見学など
お電話でのお問い合せは

介護付有料老人ホーム「メルシー東戸塚」

045-826-6901
土日祝を含む毎日8:30~17:30